脱着式SP基礎

起伏・収納式仮設防護柵
キフク・シュウノウシキ カセツボウゴサク

道路工事における豊富な経験にもとづき新開発した「起伏・収納式仮設防護柵GX-KSH-8」は、基台・支柱・ガードレールを一体化させた新構造を採用。
これにより、作業の飛躍的な迅速化・安全性向上、保管・運搬時の大幅な効率アップなど、従来にはない優れたメリットを実現しました。
道路の拡幅工事・耐震補強工事など全国各地の現場で活躍しています。

  • GX-KSH-8 画像01
  • GX-KSH-8 画像02
  • GX-KSH-8 画像03
  • GX-KSH-8 画像04
  • GX-KSH-8 画像05
  • GX-KSH-8 画像06
  • GX-KSH-8 画像07
  • GX-KSH-8 画像08
  • GX-KSH-8 画像09
  • GX-KSH-8 画像10
  • GX-KSH-8 画像11
  • GX-KSH-8 画像12
  • GX-KSH-8 画像13
  • GX-KSH-8 画像14
  • GX-KSH-8 画像15

GX-KSH-8 の特徴
ジー エックス ケー エス エイチ 8 ノ トクチョウ

優れた施工性

従来の当社仮設防護柵(アイアンブロック及び分離型H300)と比較して、約50%施工性(車線規制による施工作業時)をアップ。
日本道路公団や国土交通省管轄の現場をはじめ、各地で高い評価をいただいております。

安全な施工法

「起伏・収納式仮設防護柵GX-KSH-8」なら、ガードレールの取り付けやボルト締め作業なども、作業者が車道に出ることなく安全に行うことが可能です。走行車輌に対する車線規制も最小限に抑えられます。

専用ボックスで部品の散逸を防止

施工に必要なすべての部品をH鋼の基台に取り付けたボックスに収納できるため、組み立て・撤去時に散逸することがありません。さらに、施工・運搬時の部材の損傷も最小限に抑えられます。

運搬・移動の効率化

大型車に約80m分の仮設資材が搭載可能です。1本の長さは8mで、積み込み・積み降ろしも効率的に行えます。

保管の効率化・安全性も向上

部品専用ボックスにより、H鋼の基台がズレることなく積み上げられ、作業もスピーディ。100uのスペースに7段積みで2,000m以上の仮設材を保管可能です。地盤の安定性と平坦性が確保された場所であれば、上記以上の積み上げも可能です。

車輌視認性アップ

高輝度反射板を4m毎に取り付け、夜間走行車輌に対して、仮設防護柵の位置をラインとして誘導します。
オプションとして太陽電池発光の夜間点滅灯もご用意しております。

防錆・防腐仕様

基台のH鋼は、ショットブラストの後、錆止め塗装2回以上、表面塗装2回以上、ローラー塗装を施しています。
支柱・ガードレール・ボルト類すべて亜鉛メッキ製品です。また、亜鉛メッキ製の基台のH網もご用意しております。

環境負荷を軽減

塗装と亜鉛メッキ以外はすべて鉄製ですので、コンクリートを使用した従来型の製品と比べ、リサイクル性に優れています。